スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ぼうし
夏用の帽子を編みました。
絣の帽子 
モデルはこまめ。
髪を二つに結っているし、私サイズなので帽子がイビツになちゃってますけど。


糸はAVRIL コットンビス手絣
キット(かぎ針)になっているものです。


手編みで簡単で折りたたんだりできる帽子のパターンを見つけていたのですが、見つけていると見つからないのですよね・・・
出かけた時に時間に余裕があったので、どこで時間をつぶそうか・・・と思ったときにAVRILに行けばキットがあるかも?!と寄って、見つけました。
指定より編み針サイズを変えたからか、編み図通りではなく途中から被りつつ、様子をみながら編みました。
糸がテープ状になっているし絣(グラデーション)なので編地が単調にならず、しかも簡単なので飽きることなく編めました。 色を変えてこまめにも編もうかしら。

スポンサーサイト
【2009/05/20 20:07 】 | 編み物 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
染める日々
水色の糸と白い糸を使って織ろうと整経したら、水色が目立たないので白糸を渋く染めよう!この時期だから・・・と頭の中で植物染めの計画を立てたのに、天気が悪く採取できませんメソ ・・・GWのことでした。
それじゃあ・・巷で流行(?)のお茶で染めることにしました。
緑茶の鉄媒染です。
お茶・鉄 糸も染めましたが写真は羊毛です。
鉄を少ししか入れていないので、無媒染の茶色からグレーになる途中の色、といったところでしょうか?



それでも頭で計画した植物染めもはずせないよね~ってことで・・・
晴れた日に春紫苑の鉄媒染です。
春紫苑・鉄



春紫苑を採取していたらにヨモギもたくさんあるじゃーん!!
翌日にヨモギのアルミ媒染です。
ヨモギ・アルミ



薄めを狙って染めています。
それと「葉」物は一度茹でこぼしてから染液にしているので更に薄いのかも・・・。



さてさて、順次紡ぐ気はあるのですが、どうなるのやら。
その前に最初に染めたお茶と水色の糸を織らないと、ね。



【2009/05/13 18:24 】 | 染め | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
見る
最終日に国展を見に行ってきました。
自分にもう少し技法や作り手の方達の知識があればより楽しめたと思います。
それでも帰りのながーい車内でいろいろな事を思って、人が手で作ったものって面白いと思いました。


国立新美術館まで行くなら「21_21DESIGN SIGHT」でルーシー・リィーの器が見られるよ、陶器のボタンがとっても良いよ、と聞いて気になっていたのですが、前日の10日まででした。残念。
帰りに時間つぶしに立ち寄った本屋で手に取った本にルーシー・リィーのボタンのことが載っていました。
<自分用にアマゾンサイトより↓>

ku:nel (クウネル) 2009年 05月号 [雑誌]





国立新美術館でもミュージアムショップで面白そうな本がいくつかあった。
<自分用にアマゾンサイトより↓>

かさねいろ―平安の配彩美


日本民藝館へいこう (とんぼの本)


はじめての手製本 製本屋さんが教える本のつくりかた




本に統一感がないのですが・・・
近所の本屋さんでは取扱いの少ないジャンルなので、機会があったらゆっくり見たい。

【2009/05/12 18:30 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
一年ぶりの解凍
連休中あまりに天気が良く、でも子どもたちが出かけ疲れで家でのんびりするというので(子どもらしくない子達ですね・・・)何か染めよう!と思い・・・想い・・・去年染めた茜(染材)の残骸を冷凍保存してあるのを思い出し染めてみました。
(去年染めたのも一度使ったものの冷凍なので・・・随分とお世話になっています、このアカネ)


茜アカネ 羊毛はフライスランド
写真上が今回の一度目。下が二度目(残液)なんです。
・・・二度目は残液だったので、色の吸収がよくなるように酒石英を入れました。
だから、というワケではないと思いますが残液にも関わらず二度目の方が赤みが多く染まりました。


また、何に使う、ということなしに染めてしまいました。
でもどちらもカワイイ色なのでどんどん使いたいと思います。

【2009/05/07 17:49 】 | 染め | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
48/2
この時期になるとサッパリした糸で織ってみようかな~という気になります。


前にコチニールで染めた時に一緒に細い糸も染めていました。
自分が紡いだ糸とは比べ物にならないほどに細い糸なので「よし!」と気合を入れないと織り始められないので染めてから時間が経ってしまいました。


2枚
ちょっと幅広の首巻きタイプ、コットンカシミヤ48/2を使いました。
このサイズの糸は使ったことがないのでどの筬がいいのか様子見も兼ねて・・・
右は経糸、緯糸とも二本どり、左は一本で、部分的に空き羽にしてみました。
織り機から外して仕上げをしてみたら、空き羽の部分がヨレヨレ~っとなってしまいました。
自分のと思えば、これはこれでもいいのかな?と思いますが、どーなんでしょう。


使い込むとサラッとやわらかくなりそうです。
【2009/05/03 18:50 】 | 織り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。