スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
冬青-その2
ソヨゴ染めの続きです。



3、4番液の残りを更に銅媒染。
ソヨゴ銅


深ーい赤みのある茶色。意外と好み。
それでもまだ捨てるにためらう残液。

さらに、これで最後のアルミ媒染。
ソヨゴアルミ2


薄くてかわいい赤になりました。



今年最後になって、たっぷり楽しめました。
「今まで染めたのはどうなったの?」ときかれたけど、そのまま保管してますよ~。
来年はしっかり使います!



それでは皆さん、良いお年を!
スポンサーサイト
【2006/12/30 10:58 】 | 染め | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
憧れの「冬青」
冬青と書いてソヨゴと読む。
ああ、染めてみたい・・・
とずーっと思っていたら、願いがかないました!
でも、予定外の入手だったので時間もなく1日1色染め。



煮出して1番液はクリアな色が得られなさそう・・・なので、久しぶりに鉄媒染。(チェビオット系)
ソヨゴ鉄


本命の2番液はみょうばんで。(チェビオット系)
ソヨゴみょうばん

これ、前回のユーカリに似てない?
もっと赤系になるとおもったのに~

3、4番液は酢酸アルミ。(バジャーフェイス)
ソヨゴアルミ

おっと、こちらがイメージしていた色に近い。
こんなになるんだ~。おもしろ~!



3,4番液はまだまだ使えそうなので染め続けています。
年末なのにこんなことばかりしてていいのか?
【2006/12/29 07:35 】 | 染め | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ユーカリを染めちゃった
ちょっと買い物に出かけたら、ユーカリの切り枝(?)が花屋に売られていた。なんでも部屋に置いておくと花粉症にいいらしい。
「ユーカリっておもしろい色になるんだよね~」と悪魔のささやきが聞こえ、気がついたらユーカリを持ってレジで清算していました・・・


そんなことで、染めました。
ユーカリ色

媒染剤:酢酸アルミ



煮出したら澄んだ黄色だったけど、少しすると、羊毛はオレンジ?
でも赤じゃなくて、ピンクで作ったオレンジのような色。
この色、何かに似ているような・・・?



ちょっとスパイシーな匂いが、ほんのり羊毛にも残ってます。
続きを読む
【2006/12/27 06:19 】 | 染め | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
クープワースとバジャーフェイスを紡いでみた
荷開き祭で連れてきたクープワースとバジャーフェイスを紡いでみた。
クとバ

上:クープワース  下:バジャーフェイス



クープワースはこのほかに茶色系が混ざっていたりとカラフルな子だけど、今回はグレー部分を使ってみました。
バジャーフェイスは洗うと真っ白。しかも計量ミスでいつもの倍を一度に洗ってしまったけど、洗う時間はいつもと同じ?!
手間のかからない子?でした。



荷開き祭では両方ともロムにーに近いと聞いていたけど、思ったよりしなやか。首周りもいけそう。そして、聞いていた通りどちらも同じような感じだけど、紡ぐと違う。・・・私が未熟で説明できません。
でも染め用とそのままの色を楽しむつもりで連れて来たので、それぞれ仕事をしてもらいます!



クープワースはアレ・・を編もうと、頭の中で浮かんでいるけど、しばらく糸をこのままにしてから使おうと思う。
バジャーフェイスは何に使おうか?
楽しみだな~
【2006/12/25 05:40 】 | 紡ぎ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
あみぐるみ部のクリスマス会へ
お友達のお気に入りサイトに男子あみぐるみ部というのがあります。
あみぐるみで有名のタカモリトモコさんが先生となり、いい年の男の人達(失礼!)がとってもカワイイあみぐるみを作っています。


みんなで楽しそうだね、ということで身近なお友達で私達もオリジナルあみぐるみを作ることにした。



私はクリスマスということでコレを作りました。
怒った七面鳥

説明なしだと「?」だと思います・・・
怒った七面鳥です。
ちなみに後ろから見ると・・・
後ろ

出来るだけ実物に忠実に作ったつもり。
なぜ、怒っているのかというと
いただきます

羽毛をとると、コレになります。



話は戻って、
その男子あみぐるみ部で「クリスマス会」をするというのです。
お友達とあみぐるみ持参で行ってまいりました。
詳細はこちらのサイト→男子あみぐるみ部
ちゃんと披露して来ました!
それより、あみぐるみ部の作ったものがカワイイし、実際に触って、いろいろ聞けて楽しかったです~。
みなさん、とっても上手でした。もちろんタカモリ先生ともお話させてもらいました。先生カワイイ!
そして、しっかりおみやげも買いました。
記念に

で、即、作ってみました。
キット完成

実際に編んでみると、細い糸で「コレを男の人も編むのか~、好きじゃなきゃできないな!」と感心したり・・・
もちろん、このキットもあみぐるみ部の人が考えたものです。
コレを考えた山下さん、紡ぎも始めたそうで会場には手紡ぎバージョンのこの子がいました。



楽しかった~。
また、やる気が満タンになりました!!
【2006/12/23 14:18 】 | あみぐるみ | コメント(4) | トラックバック(1) | page top↑
ヤマモモの染めなおし
草木染を始めて数ヶ月、最近なんだか納得いかなくて(最初のころより色つきが薄い)モヤモヤした気持ちでいたけど、思い切って相談してきました。


相談したのは初めに教えていただいた師匠(と呼ばせてもらいたい!)。
2つ前の記事のヤマモモも、個人的には色つきが悪いと思ってたけど、「この色も貴重な色よ」と言っていただき、ちょっと沈んでいた心がすっかり晴れました!こんな私って単純すぎ?

そのほか、羊毛に関することを質問しまくり、更にすっきり。

帰宅後すぐ、残っていたヤマモモで染めてみました。
ヤマモモ染め直し


ヤマモモの割合や媒染剤は同じでもちょっとしたことでこんなに色がつきました。
これ!これ!この色になって欲しかった~。



すっきりした気持ちで新年を迎えられそうです♪
(あとは多数の編みかけね・・・)
【2006/12/17 07:00 】 | 染め | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
手袋つくった
スウェーデンのかぎ針編み手袋を作りました。
本当は独特のかぎ針(?)を使うのですが普通に市販されているかぎ針を使っちゃいました。

手袋


初めて手紡ぎの糸を使って、編み物をしました。
毛糸の見た目ではそんなに太くないと思って編み始めたんだけど、チェビオットということもあり、弾力がスゴイ!びっくりしました。
それで思っていたような配色はやめていろいろな色を使う結果となってしまいました。
そして、糸も足りなくなり、この形に。



とりあえず完成してうれしい!!
そしてこれからの手紡ぎをああしよう、こうしよう、と思う作品となりました。


この手袋はbaruさんに教えていただいたものです。・・・アリガトウゴザイマシタ
編目がカワイイので、いくつも編みたい!と思う手袋でした。



今回、使う毛糸が少量だったので、毛糸玉にしてみたけど、まんまるで意外とカワイイ・・・
ちいさな発見でした。
まんまる

【2006/12/15 21:12 】 | 紡いで編み物 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ヤマモモの葉で染めた
もう少しで帰る時間になりそうな仕事中、トラブル発生で郵便局に行くことになった。
「あーあー、なんでよー!!」と心でつぶやいてトボトボ、ダンボールを抱えて歩いていると、グランドで木を切っているのが見えた。
これは見過ごすわけにはいかない!と、とっとと用事を済ませて、頂いて参りました。



これはきっとヤマモモに違いない!
樹皮は「渋木」といって堅牢な染料。
それなら枝や葉でも染まるでしょうと染めてみた。
ヤマモモの葉染め

ヤマモモ枝と葉200g 羊毛50g みょうばん先媒染



画像だと角度によりあまり染まってないようだけど、それなりに色がつきました。
緑がかった黄色といった感じでしょうか。



ああ、また染めちゃったよ。
ついつい、木や葉をみると染めてしまいます。。。
【2006/12/12 18:07 】 | 染め | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
お出かけして思うこと
1人でお出かけしてきました。
そして買ったもの。
ループとモヘア

出かけると、「この毛糸かわいい!何かに使いたい!」と予定外の毛糸を購入してしまうし、移動中の電車のなかでは、「あれをこんな風にしたら・・」とどんどんやりたいことが浮かんでくる。
帰りにちょっと寄った本屋では写真画像の北欧のニットこものたち / 嶋田 俊之をパラパラめくると、「うわー、おもしろい編み方がいっぱーい!作りたいー!」とここでも即、誘惑に負けました。



こうして、本や在庫がたくさん増え、すぐに作り始めてしまうから、完成せずにやりかけが多くなるんだな~とちょっと反省。


反省はちょっと、なのです。
それより、たくさんのやりたいこと、おもしろいものにあえて、うれしー!!



でも、ちょっとは反省したので、これからは完成が多くなるように頑張ろう!!
と、お出かけして思ったのでした。
【2006/12/10 07:41 】 | つれづれ | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
桜の木染め
また、染めました。
だって桜の木が折れて、落ちているのを見つけちゃったんだもん。
(15cm太さの木、約2m)
夏に一日講習で染めた桜の木は、とっても色がついたから楽しみ♪


しかし・・・
桜の木染め

はっきり言ってこの前の桜の落ち葉の枯れ草色。
(紡ぎ糸と洗ったフリースをアルミ媒染で染めた)
糸は一番液、羊毛は2、3番液使用。染液を一日置いてから糸・羊毛を入れて更に一日漬けたままにしました。
木が600gで糸・羊毛が約200gです。



花が咲いた後は黄色っぽいと聞いたことがあるけど、これがそうかも。
たぶん、台風とかで折れてそのままって感じの木だったから。



染液も黄色っぽかったから、こうなることは、予想できたけどね~。
【2006/12/08 20:05 】 | 染め | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ナバホ織り始め
スピニングパーティーで「ナバホ織り体験」をしたのが縁で、また講習に行ってきました。


今回は縦糸はりから。
でも、これが出来るようになれば、自由に織れるもんね。
(自分1人ではれるかが、ちと問題な気もする。)


そして今日は少しだけ織りました。
ナバホ織り始め

織り始めると、続きを1人で出来るかも疑問になってきた・・・。



また、新しいこと始めちゃったよ。
人生長いから、ま、いっか。

【2006/12/06 20:10 】 | 織り | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
桜の落ち葉染め
別の本、目当てで図書館にいくとこの本が目に入った。


草木染の絵本 草木染の絵本
川上 和生 (2006/05)
農山漁村文化協会
この商品の詳細を見る

以前にも借りたことがあったけど、また借りてみると、桜の落ち葉染めが例として載ってる。
「ちょうど染めたかったんだ~」
と、この本を参考に染めてみた。
(但し本は絹など布染めとして載ってます)



1番液は濁りがあるから捨てて・・・って書いてあるけど、私に捨てられるはずありません。
その後、時間がとれず2日間浸したまま放置しちゃった~。
桜の落ち葉染め画像が大きくなります

右が1番液で糸にしたものと羊毛。左が2番液
どちらも、みょうばん先媒染



とりたての染液のときには色の違いがあったけど、2日間も放置した為かどっちも同じような色だなぁ。
しかも茶というより枯れ草色だよねぇ。
(本では茶色に染まっていたよ)



桜の落ち葉は手に入りやすいので、また今度染めてみよーっと。
【2006/12/04 07:16 】 | 染め | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
紫キャベツで
一度やってみたいと思っていた「紫キャベツ」がお安く販売されていた。
食べられるものをそのまま染めるのはちょっともったいないけど、一度だけ染めさせてくださいね・・・と心の中でつぶやいて染めてみました。

紫キャベツで

左は紫キャベツを酢酸で抽出。左は重曹をいれて青くしてから染めた。
紫キャベツは小学生の水溶液の実験でよく使われるものらしく、リトマス紙のように酸・アルカリで色が変化するんだって。それを上手く染められないかと思いまして。



両方とも液は濃い色になったけど、特に左は思うように色が定着しなかった。酢酸が少なかったかも~。3日間放置でもこれだけでした。


難しいね・・・
【2006/12/01 05:01 】 | 染め | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。